引っ越し作業をした

引っ越し

 

 

ホーチミン移住29日前。

 

 

移住するに当たって、手続きやら、引っ越し作業やらでバタバタしてます汗

それに伴い、今日から会社を有給消化しています。

1ヶ月間休みだっぜぃ!!

 

 

今回やったのは若干の荷物の整理。

今はもう使わない物たちをホーチミンに送りました。

 

 

という事で、今回は荷物を送る時に調べた内容をぶっこんでいきます。

 

目次

荷物を送る方法

 

ヤマトとか郵便局とか会社が色々ありますが、

よくわからず、郵便局のサービスを使ったので、

郵便局の場合での内容を書いていきます。

 

 

方法を大きく2つに分けると、航空便船便があります。

さらに航空便は届け先まで届くまでにかかる時間によって3つに分かれます。

最速がEMS、次に早いのが航空便、最後がエコノミー航空便

 

 

今回は、早く届いて欲しい事情がなかったので、

時間はかかるけど安い船便で荷物を送りました。

 

 

届け先まで届くまでにかかる時間

 

航空便だと、2日から2週間ですが、

船便は1ヶ月から3ヶ月かかるようです。

 

 

荷物を送る時の料金

 

送り先の国や重量によって料金は変わってきますが、

箱4つで3万ほどしました。

 

500g1700円から30kg11300円までで割と小刻みに分けられているようです。

 

 

今回送った物たち

 

化粧品。冬服。本。電子レンジなど。

 

 

苦労した事

 

苦労した事は、ダンボールの調達ですw

 

ダンボールの調達を無料で済まそうと思ったので、どこかのお店から

譲っていただこうと思いました。

でも、コンビニやスーパーのダンボールは小さい。

もっと大きいダンボールを譲ってくれそうなところはどこかと考えました。

 

 

うん!電気屋!

そう閃いたので電気屋さんに行って譲っていただこうと思い、2回ほど

行ったんですが、2回ともないと。

おまけに迷惑そうな顔をする始末。

 

 

ここはだめだ!違うところ探そう!

と、思いついたのが、ホームセンターNさん。

 

店内に入って声をかけようとすると、忙しそう。

すごく忙しそう。

日を改めて行っても忙しそう。

 

 

が!忙しくても快く対応してくれる人の目利きができたので、

大きいダンボールを大量に譲っていただく事ができました。

 

 

その、快く対応してくれる人とは、

研修中の名札をつけている人です。

 

 

注意点

 

荷物を梱包する時に注意しないといけないのが、スプレー缶ですね。

これは爆発物になるので送れないです。

スプレー缶が入っていると、全ての荷物が送り返されて、

お金が無駄になってしまいます。

 

 

化粧水やシェービングクリームなどにスプレータイプがあるので要注意です。

 

 

ポイントのおさらい

  • 荷物を送る方法は航空便と船便がある
  • 時間と料金によって変えていく
  • ダンボール調達は早めに
  • 荷物の梱包をする時はスプレー缶に気をつける 

 

無料引っ越し業者比較【LIFULL】最大50%割引