ニキビで悩んだ20代。なんとか乗り切った。

ニキビ

 

ホーチミン移住まで13日。

 

オレは小さい頃から肌が弱く、よく荒れる。

そして、湿疹が悪化して薬も切れたので皮膚科に行ってきた。

もちろん、こっちに引っ越してから初めていく皮膚科だ。

 

 

行った皮膚科では、珍しく医者の対応が親切でフレンドリーな感じだった。

医者の態度はだいたい悪い事が多いが、ここの医者は総じてよかった。

出してもらった薬を塗って治していこう。

 

目次

20代で悩んだ、しこり型の大人ニキビ

 

で、今は湿疹程度で落ち着いているのだが、20代前半の時はヒドかった。

何がヒドかったかというと、顔面のニキビだ。

10代の頃はニキビなんて一つもできた事はなかった。

 

 

20代になって、急にでき始めたのだ。

しかも白ニキビや赤ニキビではなく、しこりのようなニキビが大量にでき始めたのだ。

これはなかなか治らなかった。

 

 

潰してはいけない事はわかっているが、どうしても潰してしまう。

しこりのようなニキビは潰すと、

クリーム色のジェルのようなものが噴水のように勢いよく飛び出る。

 

 

ホントに、ピューッ!とかビューッ!という風に飛び出る。

最初はショックだが、慣れてくると当たり前になってくるところが恐ろしい。

薬を塗っても潰しても治らない。

 

 

ニキビが悪化して治らないと死にたくなる人もいる

 

ワラにもすがる気持ちで、顔面のエステを受けに行ったくらい深刻に悩んでいた。

そこのエステの人はやり手だったので、売り上げをあげるためか恐怖を与えてくる。

ニキビで悩んで自殺する人もいると。

 

 

確かにニキビで悩んで死にたくなる気持ちはわからなくもない。

実際死んでやろうとは思わなかったが、たかがニキビくらいで死ぬとは大げさだと

思う人もいるだろう。オレもそれには同感だ。

 

 

ただ、死にたい気持ちになる人の心境としては、ニキビが原因で死にたくなるという

一言では説明できない。これはいじめなんかにも共通している事だと思うが、

自殺までしたくなる理由は、精神が追い込まれるからだ。

 

 

なので、たかがニキビとかたかがいじめとかそんな簡単な問題ではないのだ。

「精神が追い込まれる」、ここが厄介なのだ。

当然、ニキビを治すためにいろんな化粧品も試した。

 

 

市販の洗顔料は刺激が強くて乾燥して逆にニキビができやすくなった。

かと言って、水だけでの洗顔だと、これはこれで汚れや脂分が落ち切れず

ニキビができやすくなる。

 

 

なので、数日に1回だけ洗顔料を使って洗顔してもニキビが全然治らない。

肌に優しいと言われてる洗顔料を使っても、乾燥はしないがニキビが治る事はない。

 

 

洗顔料だけではなく、化粧水などの化粧品も色々試したが効果はなかった。

それでも諦めず、いろんな化粧品を試していって最終的に治す事ができた。

 

 

ニキビ対策!驚異の化粧品

 

そんなしつこかったニキビを治す事ができたのはある化粧品を使ったからだ。

その化粧品はニキビ対策として有名な化粧品だったが、半信半疑で使ってみた。

人によっても効果の差があるとか言ってるし、ただ、使ってみようと思った。

 

 

するとまぁ、みるみるうちに治っていった!

これにはびっくりしたw

ってか、ワロタwww

 

 

なんじゃ、こりゃ〜!!

いや、ホントにw

ビックリした時ってそんな言葉が出るねw

 

 

ニキビ対策にはプロアクティブ

 

で、その化粧品っていうのが、プロアクティブ

洗顔と化粧水がセットになってるアレ。

よくテレビで宣伝してたアレ。

 

 

市販の化粧品より高かったが、喜んで定期コースに登録した。

その金額以上の価値があると思ったので、これがいい買い物ってヤツだなと感じた。

 

 

もっと早くプロアクティブに出会っていたら、顔面のクレーターが

もう少しは少なくて済んだのにとか思ったが、

まぁ、これは言ったところでしょうがない事だ。

 

 

そして、しこりニキビの後遺症で口元に一箇所粉瘤腫(命に別条はないガンの一種)が

あるが、これももっと早くにニキビの対処ができていたらできなくて

済んだのにとか思ったが、これも言ったところでしょうがない事だ。

 

 

粉瘤腫はとにかく臭い!

まるで一切掃除をしていないヘソの中のような匂いがする。

 

これができてしまうと切開しないといけないので、

やはりニキビは早めに治すのがいい。

 

 

なので、ニキビで困っている人で、

ワラにもすがるような状態になっている人は、一度は試した方がいいだろう。