在日本ベトナム大使館に行った

在日本ベトナム領事館

 

ホーチミン移住まで24日。

 

 

オレのベトナムのビザ取得のために嫁が領事館とやりとりを

してくれてるんだが、どうも領事館の対応が悪い。

 

 

日本国内にベトナム大使館(総領事館)は3箇所あるが、(東京、大阪、福岡)

東京と大阪はまず、電話が繋がらない。

時間や日にちをずらして電話しても繋がらない。

 

 

ネットの情報を見ても、この2箇所は繋がらないと書いてある。

なので、郵送で手続きをする場合は福岡領事館と電話で色々聞いて指示通りにする。

そんなやりとりになるのだが、まぁ、対応が悪い。

 

 

指定された書類とお金を封筒に入れて送るも、無言で返してくる。

電話で確認してからもう一度送るもまた返ってくる。

封筒に入れたお金は減ってるし、着払いで返してくるし、どうなってるんだ?

 

 

嫁が電話したら、怒られたらしい。

着払い用の封筒がはいっていない!と。

次不備があったらもう受け付けない!と。

 

 

そんな事で怒って業務放棄するのはどうなんだ?と思い、俺が電話した。

すると、

 

 

ニホンジンデハダメデスセツメイムズカシイ

 

いや、さっきの嫁とのやりとりの確認だけなんですけど。。。

 

イエ、ムズカシイデスカラ。ヨロシクオネガイシマス。

 

 

プチっ。ツー、ツー、ツー。切られた!!

 

 

ありえん!ありえーん!!ヽ(`Д´#)ノ ムキー!!

 

 

ベトナム国内での対応はよくないと聞いていて、

日本国内でも対応はよくないのかと思ったが、どうやら国内外問わず、

日本大使館含め、ほとんどの大使館や領事館は総じて対応が悪いそうだ。

 

 

 

実態はおそらく、手続きの複雑さからくるクレームの多さが原因。

そして、国に守られている人たちだから、民間人の事を見下しているそうだ。

 

 

オレは元々携帯屋をやっていたので、クレームが多いとスタッフの態度が

悪くなる事自体はよくわかるのだが、何とか対応はしてほしいものだ。

 

 

嫁はベトナムジンキライ!って言ってるね。

あんたもベトナム人やんw

 

 

日本人のオレから言わしてもらうと、仕事に関してはええ加減な人が多そうな印象。

遊びのために希望の休暇が取れないとやめる人もいるとかいないとか。

昼は仕事中でも寝ている人もいるとか。

 

目次

在大阪領事館。対応が悪いと有名だが行ってみた

 

という事で、福岡領事館の人は怒って受付してくれなくなったので、

しょうがなく、大阪領事館まで片道2時間半1300円かけて行ったのだ。

大阪領事館に行くに当たって、少し覚悟をして行った。

 

 

これには理由がある。

ネット情報によると、どうやら3つの中で一番対応が悪いのは大阪らしい。

ピン跳ねしたり、文句あるなら違う所行ってくださいとか言われた人もいるそう。

 

 

 

大使館とのやりとりは戦いだという人もいるがその通りだと思う。

すごいイライラする。しかもクレームを言うところもないとか。

大使館の人の気分を損ねたら業務を放棄するので下手に出るしかない。

 

 

なかなかめんどくさい。そんなめんどくさいところに行かないといけなくなった。

しかも、オレ一人で!嫁はつわりが酷くていけないのでオレ一人で行った。

在日大使館だし、相手も片言の日本語を話せるだろうから大丈夫だと思った。

 

 

そして、最寄りの駅から大阪駅まで行って、2回乗り換えした。

めんどくせぇ<丶´Д`>ゲッソリ

大阪とか環状線とか慣れてねーし(><)

 

 

で、大使館の最寄りの駅は2つか3つあるのだが、そのうちの一つ、堺東駅に着いた。

 

 

ここから徒歩15分くらいかな。

街の散策をしながら行った。

まぁせっかくなので、ただ大使館に行くだけではなんか勿体ないから散策もした。

 

 

散策と行っても、キョロキョロしながら歩いて向かっただけなので、

それが散策と言っていいかわからないが笑

 

 

そして、いよいよ到着。

 

 

やっと着いた!と思って写真を撮ったものの、手続きをする建物は

写真には写ってないが、向かって左側にある小さな建物なので、

この立派な建物には結局入らなかった。なんか少し残念。

 

 

大阪領事館のスタッフの実際の対応

 

10時くらいに入ると、すでに1組が手続きをしていた。

日本人男性とベトナム人女性だ。雰囲気からして多分夫婦だろう。

他には客?はいなかったので、意外とすいてるんだなという印象。

 

 

ベトナム語でやりとりしてたので何を話してるかわからなかった。

オレは少しでもまともな対応をしてもらおうと、久しぶりに意図的な笑顔を

作ろうした。営業スマイルというやつだ。

 

 

そうすると、あまりに久しぶりすぎて、顔がひきつる!

 

 

ヤベェ!

 

 

こんなはずじゃない!

 

 

そんなバカな!!

 

 

でもまぁ、できないものはしょうがない。

 

 

でもできるだけ愛想よくしようと考えていたら、順番が回ってきた。

無言で、ここに座ってくださいと、手のひらを上に向けて椅子を五指でさした。

さっき対応してた人がオレの対応もするようだ。

 

 

どうやら一人しかいないようだ。

それ、めっちゃ大変やん!とか思いながら、

オレはこんにちわと言って椅子に座ったが、相手は無言。。。

 

 

やっぱり対応悪い系かな。

嫁に渡された書類たちを窓口の人に渡した。

できる?できない?と聞いたが、無言。。。

 

 

と、ここで日本人のおじいちゃんが入ってきて、隣の窓口に座った。

そして、窓口の人はオレに少し合図してそのおじいちゃんの対応をし始めた。

雰囲気的にはどうやら前の手続きの不明点を聞きに来た感じだ。

 

 

二人はバリバリの英語でやりとりをしている。

こいつらすげぇ!戦闘力いくつだ!

 

 

この人たちからしたら、オレの事は「戦闘力たったの5かゴミめ」と

思われるような対象になるのだろうか。

しかもさっきとは打って変わって二人ともめっちゃ笑顔で話しをしている!

 

 

くそ!人によって対応を変える系か!と思ったが、違うようだ。

実はなかなか信じられにくいが、在日大使館の人なのに、

日本語が一切話せないようだ。

 

 

なので、順番が回って来たので嫁に電話を繋いで嫁と電話でやりとりをしてもらった。

書類OK、お金も払った。という事でおそらくこれで大丈夫だろう。

なんか、雰囲気的に対応は親切だったような気がする。一生懸命だった。

 

 

思っていたのとはだいぶ違って驚いた。

で、手続きが終わって後ろを振り向いたら3組待ち。

これは一人で対応するの大変だろう。

 

 

こんな状態であそこまで親切にできる外国人はかなり珍しいと思う。

なので、人見知り100%本気100%の勢いで、

テンキュ〜。。。って言っておいた。

 

 

いい対応や親切は当たり前か?感謝か?

 

で、今回の体験を通じてある事に気づいた。

それは、日本人の対応の良さとクレームの多さの関係性だ。

日本人は親切な事で有名だ。

 

 

だから対応もいいのだと思うが(クレーム防止のための親切だったりもする)、

いい対応をする事が当たり前になってくる。

すると、客から求められる基準が上がる。

 

 

そして、その高度な基準に答える事ができないと、不親切という事になる。

当然、その高度な基準に達する事ができないスタッフも出てくる。

そうなるとクレームに繋がる。クレームが増える。また、基準が上がる。

 

 

そのさらに高い基準に達する事ができないスタッフはまた増える。

という事で、日本の接客技術や対応力はますます上がっていくが、

それに伴い、クレームもますます増えるだろう。

 

 

なので、いい対応をされて当たり前なのではなく、

いい対応をしてくれたら感謝をする事が求められるという事になる。

でないと、日本はよりカオスになっていくのではないかと思う。

 

 

南米の音楽は癒しだ

 

そして、帰りの堺東駅で癒しをもらった。

南米人が南米の音楽を路上で演奏していたのだ。

メロディーがすごくよかったので動画を撮ってYouTubeにあげてみた。

 

youtu.be

 

そして、電車に乗って帰ろうとしたんだが、

途中、明石の本屋に寄るため、明石で電車を降りた。

 

 

そこで思いもよらぬ偶然に巡りあった!

 

 

ココでも別の南米人が演奏をしているw

そして、もちろんココでも動画を撮ったw

 

youtu.be

 

結局本は買わなかったが、癒されて帰った。