ネタ帳

なんでも書く雑記ブログ。ジャンルはだいぶ偏っているが、濃い内容を書いている。

 

Select Langage

 

ライフハック。生活を便利に。〜高橋歩名言編①〜

名言というものがあるが、時にはその名言に勇気をもらったり励まされたりする。

 

そんな名言だが、数多くの人たちによる数多くのものがある。

無名の人のものも有名な人のものもある。

 

今回は有名人の名言の中でも、冒険家の高橋歩さんの人生のかっこいいひとことを解説してみよう。

 

夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。

高橋歩さんの有名な名言の一つで、人生のかっこいいひとこと。

 

現代の日本人は夢を持っている人が少ない。

現実を見るのは重要なことだと思うが、それにしても現実ばかりを見ている。

 

その生き方で満足しているのであればいいが、日本人は保守的で変化を嫌う傾向があるので、満足しているわけではなく妥協している人がほとんどだ。

 

夢や願望は誰にでもある。

そしてほとんどの人はその夢や願望を叶えようとしない。

 

方法を探せばその夢や願望を叶えることはできることも多いのに、それをまず知ろうとしない。

もしお金をもっと稼ぎたいなら、インターネットで調べて行動を取ればいいじゃない。

 

自分の夢や願望を叶えないような理由ばかりを探して、自分の夢や願望を叶えるような理由を探そうとしない。

 

これを「夢は逃げない。逃げるのはいつも自分だ。」と表現している。

 

物事は成功するか失敗するかじゃねぇ。成功するまでやるかだ!

高橋歩さんの有名な名言の一つで、人生のかっこいいひとこと。

 

物事が失敗して終わる時の共通点の一つは、成功するまでやらないこと。

成功するまでには必ず失敗する。

成功までの道のりに失敗がある。

 

失敗したという理由でやめてしまったら成功する確率は0%だ。

もっと厳密にいうと「諦めたらそこで試合終了だよ」という漫画の名言もあるように、辛くて一時休止するのはいいが諦めたら成功確率は0%になる。

 

失敗=経験=データ。

 

何をやるにしてもデータがなければうまくいかない。

失敗しながらデータをとって、そのデータを元に再チャレンジをしていくのだ。

歴史上の偉人たちですらそうしているはずだ。

 

だから「物事は成功するか失敗するかじゃねぇ。成功するまでやるかだ!」ということになる。

 

人生楽しんだ奴が最強。

高橋歩さんの有名な名言の一つで、人生のかっこいいひとこと。

 

なんでもそうだが物事を成功させるためには、成功するまでやり続ける必要がある。

成功するまでに一時休止ではなく、諦めてしまったら成功確率は0%だ。

だから成功するまでやり続ける必要があるのだ。

 

しかし、好きじゃないことをひたすら続けるのは至難の技だ。

だったら好きなことならずっと続けられるんじゃない?

なぜなら好きなことをやっていると楽しいからだ。

 

好きじゃないにしろ「どうやったらどう考えたらもっと楽しくなるんだろうか」と楽しむための工夫をしていると、続けやすくなってくる。

 

だから、好きこそものの上手なれとも言われるのだ。

 

これを「人生楽しんだ奴が最強。」と表現している。

 

ごちゃごちゃ言うな、やればわかる

高橋歩さんの有名な名言の一つで、人生のかっこいいひとこと。

 

何事もそうだが、やってみないとわからない。

しかし、ほとんどの人はやる前にあれこれ考えた挙句やらない。

 

やっていないのに考えるということは、経験値が0の状態で考えているということだ。

やってから考えた場合は、経験値が1以上の状態で考えているということだ。

 

どっちの方が成功しやすいか。

もちろん後者だろう。

じゃ、経験値50くらいの時に考えたら成功する確率がグッと上がるんじゃない?

 

ということで、全く考えるなとは言わないけど、やる前に考えるのはほんの少しでいい。

 

やりたいならやりなよ。

やりたくないならやらなくていいよ。

 

それだけだと思う。

 

これを「ごちゃごちゃ言うな、やればわかる」と表現している。

 

大人がマジで遊べばそれが仕事になる。この法則知ってた?

高橋歩さんの有名な名言の一つで、人生のかっこいいひとこと。

 

仕事の仕組みは、需要と供給。

困っている人を助けるということ。

 

それが広がっていくと、たくさんの人が自分のことや自分のやることを必要としてくれる。

 

これが仕事の基本的な流れになる。

これを「大人の遊び」と表現している。

 

こういう楽しい遊びを本気でやり続ければやがて仕事になるのだ。

そういう法則があるので、本気で遊んでいこう。

 

天はすべての人に役割を与えている。あなたはどんな役割を担当する人ですか?

高橋歩さんの有名な名言の一つで、人生のかっこいいひとこと。

 

役割とは、

  • 天職
  • 長所
  • 得意なこと
  • 好きなこと
  • 自分の能力を発揮できる土俵
  • 自分にしかできないこと

ということ。

 

僕の場合でいうと

  • 人付き合いが苦手で
  • 自由が好きで
  • 考察が得意なので

ブログを書いて情報発信するのが自分に与えられた役割だと感じている。

 

本来はこういうことを全うして生きていくのが、それぞれの人にとって一番ベストな生き方だと思う。

 

全員が好きなことを得意なことを仕事にすることができたならば、幸せな人がどれだけ増え、日本の生産性がどれだけ上がるだろうか。

 

ただ、それを実現させるためには行動をする必要がある。

 

だから行動を繰り返し、自分に与えられた役割を全うしよう。

 

やりたい事ができないのは本当に結婚や子供が理由なのか? まず自分にそう問いかけた方がいい。

高橋歩さんの有名な名言の一つで、人生のかっこいいひとこと。

 

ほとんどの人は、やる理由よりやらない理由を探す。

例えば、時間がなくてできないという人は多いが、じゃ時間があったらやるの?って話し。

 

時間がないなら時間を作る工夫をしないと時間はできないでしょ。

理由があるからできないんじゃなくて、できる状況を作ろうよってこと。

本気の人はまずそうする。

 

僕がブログを書き始めた時、仕事場まで遠くて仕事が忙しかった

だから睡眠時間が5時間しか取れなかった。

このままではブログが書けないと思って、そこから睡眠時間を2時間削っていた。

 

休みの日に書けばいいじゃないって思うかもしれないが、休みの日はしんどくて寝たいからできないという風になるだろう。

 

ここまでやる必要はないが、時間を作る工夫が必要ってこと。

 

それができない人は、多分時間があってもやらないし、また何か問題が起きたらその問題のせいにしてやらなくなってしまうんじゃない?

 

できないのは、本気じゃないかやりたくないかのどちらかだと思う。

 

自由も幸せもなるものではなく感じるもの。もっと肌で。もっともっと身体で。自分の感性を大切にしてあげたいな、って想う

高橋歩さんの有名な名言の一つで、人生のかっこいいひとこと。

 

幸せになりたいと言ってる人は多いが、じゃ、あなたにとっての幸せって何?

幸せ=お金って思ってる人は、いくらあれば幸せだと思うんだろうか。

そういう人は手にしても手にしても満足しないと思う。

 

貧しい国の人たちはみんな不幸だと思ってるんだろうか?

恵まれたお金もちの家庭に生まれた人は、みんな幸せだと感じているんだろうか?

 

特に外国の人で、日本のようななんでもある国に住むことができたら幸せだと感じる人は多い。

 

でも、日本人にとっては当たり前だから日本人はそれ以上を求める。

じゃ、どこまで求めたら気が済むのだろうか。

 

日本に住んでる時点である程度の幸せは保証されているのだから、その幸せにまず気づいた方がいい。

 

そして感じよう。